新製品 IDAS DTD

IDAS DTD ( Dusk Till Dawn )フィルター

夕暮れから夜明けまで多種類の天体と過ごせる新世代フィルター登場!!

↓DTD光害カット特性

↓彗星への適応性

概要

“DTD" は近赤外光も利用する彗星、銀河、天の川、輝線星雲、反射星雲等
多種類の天体に対応した次世代光害カットフィルターです。

光害の多い可視域(波長400~700nm)では
光害に強いネビュラブースターの特性にプラスし、彗星のイオンテイルに対応したバンドを設け
光害が極めて少ない近赤外域を利用し彗星のダストテイル、銀河・天の川等の連続光を高コントラストにします。
そして可視から近赤外のスペクトルにおいて数多くの天体を高コントラストに撮影可能です。

繰り返し反射ハロについて
DTDやGNB等の赤外も利用するフィルターでは近紫外、近赤外のハロが強くなります。
一般のカメラ側の光学系(光学ウインドウとセンサーカバーガラス)は反射防止特性が可視域に最適化されているため
最適化されていない波長域ではカメラ側のハロ強くなり、フィルターのハロと重なって来るためです。

以下NBZ(NBZex)のハロを1としたDTDハロ強度
DTD + IMX294カメラで7.9倍
DTD + IMX585カメラで23.7倍

薄膜は高密度高耐久エージングレスIAD(Ion-gun Assist Deposition=イオンアシスト蒸着)でコーティングされます。
これにより温度と湿度変化による物理強度及び分光特性の経時変化は、通常環境内では全くありません。

DTDは弊社の青沼郁博(Ikuhiro Aonuma)Designしました。

サンプル画像

12P ポン・ブルックス彗星  宇都正明さん撮影
撮影地:静岡県磐田市内 宇都様自宅にて。 撮影日時:2024/4/1 19:00~
光学系:イプシロン200 カメラ:ASI294MC Pro (Gain120 Offset30 -15℃冷却)フィルタ:IDAS DTD 露出時間:1分×10コマ 合計露出10分

撮影者の宇都さんのコメント
『4/1に、12Pポン・ブルックス彗星をDTDフィルタで撮影しました。 この日は、月はありませんでしたが、薄明・低空・光害といった悪条件の中、ダストテイルとイオンテイルが綺麗に分離した画像を得ることができました。』

  

 

沼澤茂美さん撮影
12P Pons-Brooks彗星 2024-03-07-10h21m UT
HD1100 Hyperstar V4 534mm F1.9 ASI2600MC Pro IDAS DTD filter 60sec X 6. Shigemi Numazawa. Tainai Niigata JAPAN.

IDASコメント
撮影時の被写体の高度はとても低いです。
IDAS DTDフィルターは、こんな状態の彗星でも、本体、ダストテイル、プラズマテイル、イオンコマの各パーツをコントラストを良くしてくれます。

星雲・銀河など

M20 nebula
Takahashi Epsilon200. SVBONY SV705C. IDAS DTD filter. ExposuerTime:36x120s.
磐田市内 宇都正明氏
2023年3月19日撮影。薄雲あり

NGC1973-1975-1977 nebula
Takahashi Epsilon200. SVBONY SV705C. IDAS DTD filter. ExposuerTime:15x120s.
磐田市内 宇都正明氏
2023年3月19日 21:23~撮影。地平高度約20゜以内の低空

M83 Galaxy
Takahashi Epsilon200. SVBONY SV705C. IDAS DTD filter. ExposuerTime:60x120s.
磐田市内 宇都正明氏
2023年3月19日 21:23~撮影

僅か2分露光のM31アンドロメダ銀河。 HD1100+ハイパースター+v4(532mmF1.9)。
IDAS DTD フィルター。
撮影は沼澤茂美氏。2024 年 1 月 11 日。

分光特性

製品リスト