NBZ

NBZの特徴

NBZはOIII輝線とHα輝線を透過するバンド幅約12(±0.4)nmのネビュラブースターです。
フィルター単体の繰り返し反射を低減させることにより星像周辺のハロは
先行販売していたNBXの1/100と極めて写りにくいスペックとなっています。

NBZの半値幅は約12nm
他社製7nmクラスのナローバンドよりも半値幅が広いです。
ですが、この広さには大きなメリットがあります。
干渉フィルターは斜めの入射光に対し、入射角が大きくなるほど分光特性が短波長へシフトしていきます。(図2参照)
光学系の収束光で使う場合も同様に(連続変化する)入射角が生じるので、その分光特性は短波長へシフトしていきます。
例えば、F2程度の明るい光学系の収束光内で使用すると
他社製半値幅が7nmクラスのナローバンドでは、Hα光では透過率が半分以下になりますが
IDASのNBZでは80%以上を維持します。
この場合、半値幅7~8nmのフィルターと比べNBZでは露光時間を2/3~1/2に短縮できます。
(コントラストは同等か同等以上になります)

※フィルター識別子にF標示がある物はそのF値標示の範囲の光学系の収束光内で使用してください

NBZの特徴2

薄膜はIDASの定番技術である高密度高耐久エージングレス
IGAD (Ion-Gun Assist Deposition=イオンガンアシスト蒸着)でコーティングされます。

この技術は干渉フィルターの心臓部である多層薄膜を高密度化するもので

従来の多層薄膜で得られない物性が得られます。

薄膜の耐久性が高く、薄膜の硬さは石英ガラスに匹敵します。
多層薄膜とフィルター基板の密着性も著しく改善されています。
温度、湿度による分光特性の経時変化は

人間が生活している環境内では全くと言って良いほどありません。